ひとリズムコラム

  • home
  • ひとリズムコラムtop

眠りは「昼」つくられる

サーカディアンリズム(生体リズム)に合った食べ方と運動でおなかスッキリ、知的な体

ぽっこり出たおなか、それは貫禄の象徴として賞賛された時代もありました。しかし現代では、内蔵脂肪型肥満が「メタボリック・シンドローム」につながるとして健康面で減点され、ベルトからはみ出すぜい肉が自己管理能力の無い証拠として社会的にも減点される、というマイナスの評価になっています。
さらに、問題点は「中年太り」にはとどまりません。最近は、若い人や子供でも内蔵脂肪型肥満は他人事ではないといわれています。

おなかのラインをスッキリさせて内蔵脂肪を蓄積しすぎないためにどうすればよいでしょうか。
ここでも、サーカディアンリズムに合った食べ方と運動が重要になります。
食事と運動の時間生物学を取り入れて、知的な体のラインを手に入れましょう。

for メタボリック

1日3食とらなきゃダメ?
食べ過ぎは肥満の根本原因の1つ。メタボリックシンドロームの解消はカロリー制限から...
朝ご飯はなぜ大切なの?
3回に分けて食べる食事の中でも、現代人が最も気を遣うべきなのが朝食。まず、朝食は...
昼食を取る目的は?
昼食の役目はまず午前中に消費したエネルギーの補給。次に、お昼から夕食の時間帯まで...
夕食の役目って何?
1日の主な活動を終えて食べる夕食は、心豊かに気持ちを開放的にする“楽しみとしての...
夜食の落とし穴にご注意!
人間はもともと昼行性の動物なのですが、現代人の生活はどんどん夜型にシフトしている...